気がつくと私の車以外消えていて、テーブルに1人ポツンとしてる土曜日

これは、この間のつづきである


いつの何のつづきだって?


忘れっぽくなっちまったんだな

でも、まあきいてくれよ。そのうち思い出すかもしれないしな。


いまは

男女混合のソフトボールの試合中

学校のグラウンドは、別のチームが使っているから、バスにのって、この市内の運動公園まで来たんだ。


味方も敵も、チーム全員が美しいフォームで

説得力にあふれたプレーをしていることに

驚きを隠せない。

多少野球の心得があった僕もまったく目立つこともない。

というか他人のプレイに対して関心がそれている印象をもつ。

次にライズボールが来ることを予測できなかった僕は三振した。


「なに鼻の下伸ばしてんの?」

「たしかに、あの女の子のボディのラインとこのフォーム。アウトカウントを1つ増やした時の喜びの笑顔。A5ランクだ。」


「あんた、そんなことのために此処にテンコウしてきたわけ?」


「どうして、ここに自分がたっているのか?それは、俺自身がいちばん解答を求めている問いだ。お前に、春の惰眠をむさぼる喜びを奪い取られたあの日からずっとな」


爽やかに汗を流したあとには、自由時間が与えられている。

勇気を出して、俺のヒット性の打球をジャンピングキャッチした可憐な女子に声をかけようとしていたところ、ここへ連れてこられた張本人に強引に拉致られ、古びた喫茶店に連れてこられた。


「アイスコーヒーふたつ。」


「おごってくれるのか?」


「これからのアンタの態度次第よ。」


「今日のカリキュラムは、もうお終い。終了に変更されたから、これから話すことをよく聞きなさい。寮に帰ってから考える時間が与えられる。一両日中に解答を出しなさい。」


水出しのアイスコーヒーとやらは、なかなかの美味だった。


次に会える機会はそう長くないうちに訪れるから心の準備をよろしく。

決して日常の中に埋没して、曖昧な答えにしがみつくことの無いように。


君たちの心のサヴァイバルに直結した話なのだからな。




時には昔の話を

真っ白な日曜日

通りに人の気配はなく

引き伸ばされた殺気の無い商店街

今とはかけ離れた感情を持ち合わせていた

女の子の名前を呼ぶのが恥ずかしかった

下の名前なんてとんでもない

一人称は様々なヴァリエーションがあった

女の子と遊ぶのが恥ずかしかった

砂場に埋めて守りたい秘密だった

色んな色の一日が待っていた

次の日の朝はまったく別の人になる

教室の前の廊下にカラフルな掲示物があった

その前では、毎朝、僕ら、新しい魂


海辺

貝殻あつめ

なめらかに磨耗したソーダ色のガラス

砂浜

風が横から吹いている

海の記憶を

海辺で見上げた10月の空の記憶を

真っ暗な夜空に浮かべました

恋人のいない街は

なんども思い出す海辺のように

波に繰り返しおどらされる

会いたかった少女

いろいろな横顔が目に入り

軽やかな気持ち


月日の積み重なりというものが

なんらかの意味をもつというのなら

それなら

こんな赤いソファに腰掛けた時にそれは

訪れるだろう


当時は当たり前の風景でまるで進む気のない

空気を感じていた


今では

なかなか機会をつからなければ

遠ざかっていく風景


街の景色も変わり、でも


知らない店員さんがコンポの再生ボタンを押すと

サニーデイの東京のアルバムが流れたり、

なんどか遭遇した停電も

なにかを蘇らせる


丸ノ内線のとある駅で下車


目的の喫茶店までの一本の道を歩くと

意外と距離があることに気づく


それなりに色々なことがあったことが

確かめられる


もういいかい?隠れても

もういいよ


わらわなくなった彼女

喋らなくなった

6月の黒い雲がやってきて

雨がながれている

美しすぎる白さ

あんなに穏やかだった季節は

暗いやみに閉ざされ

また別の面影が現れる

ある雨の日

流れる

帰って来たような感覚

静かな部屋に

また、わたしとあなた

線路沿い

踏み切りでたちどまる

誰かの怒りが空に影を落とす

雷はならない

まだ梅雨明けではないから


おつかれさま

寒くなってくると

動けなくなる

コインパーキングの集金のバイトをはじめます

雨が止みました

同居人のかける掃除機の音がうるさいです

 

図書カード

5月の半ば頃だったと思う

朝だったか昼だったか夜だったか

あるセリフが聞こえてきた。

「地球外生命体なんて別に珍しくもないしさ」

頭の中で違和感があったことに気づいたのは別の日の放課後になってからで

別に振り向くこともなかった

図書室の前にいた。

図書カードに初めて名前を記入した。

今の時代にこのようなアナログな代物が生き残っていること。

そこが全ての入り口で、並行世界へ吸い込まれていく。

正門から真正面の2階に位置する図書室の窓からは道路が見える

緑色をかすめる学生たちの影がみえる。

ある仕事を頼まれたが、やり方も分からないので、

本を枕にして横目で窓の外を眺める

「行ってかまわない。彼女に害意はない。むしろあなたの役に立ちたいと考えていると推測する。」

「俺もそう思っていたよ。」

まだパズルのピースがそろってない。

面子が足りなすぎる。

肝心の存在がまだいない。

胸を躍らせてくれる唯一の存在が。

「もう少し一人にしておいてくれ。動き出すのにまだ時間がかかる。」

なんの返事も聞こえなかったが、気配が消えたのが分かった。

もう少しここで、緑を眺め続ける。

クリーム色のカーテンが風に泳がされていた。