読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウソまみれの世界はいつまで続くのか

見るに堪えない虚構は見ない

生きることに意識を傾けます

今日も

ひだまりが暖かく緑のうごめく空気の震えを感じます

つまらない

ひとりでのんびりとやりたい

神戸、大阪あたりを天気の良い日にふらふら歩きたい

いろいろな持ち物を全て捨ててしまいたい

レッド グリーン パープル の影

記憶の中にある景色

子供の私の視界は絵から絵へと移る

時がたち、成人式も終えても、また強烈な視界が眼前に現れる

なぜそれらの要素がインプットされたのか

どんな意味があることなのか

皆目見当もつかないが

世界は美しく

完全なる自由な面持ちで私は生を謳歌していた

強いこだわりがそこで芽生えたのだ

新しい生命の誕生ともいえる

あの日に手に入れた一枚のCD

歌詞カードにはカラフルな像がおどっている

それを何気なく眺めながら

喜びに満ちた日常は続いた

自分個人のためだけにそれはそこに存在していた

 

しばらくはそこから隔離された意味のない時間が流れる

 

でもだれかがそれをイメージし、そこに描いたのだ

その事実にこそ救いがあるのかもしれない

確かな真実さえそこにあることが感じられたなら

わたしの人生には色鮮やかなカラーが与えられるのだ

私のわたしとの対話は続く

 

しばらく、列車に揺られ、気が向くままに進もうじゃないか

10代のころの懐かしい景色みたいな

身体に心地よい疲労を与える坂道の途中の視界みたいに

街を見下ろせるハイキングコースみたいな通学路がそこにあるかもしれない

宇宙から来た未来もきっとうなづくだろう

2の日

車のナンバーで沢山2の数字をみた。

夢を実現させる男の話を思い出す。

彼は2の数字に囲まれた男だった。

気が付いたらそこで暮らしていた。

西へ旅立ち。

固有の空間の創造主になるために。

まだその空間は生まれていない。

未来の場所、未来の街にある。

さて私は何をなすことができるだろう。

数々の出会いを繰り返し通り抜け、日々思考と触れ、自らもまた細胞を生み、

死と再生を繰り返していく。

行動し続けるか、考え続けるか、感じることを続けるのか。

何を選び、何を捨て、彼の場所へたどり着く。

もう見えなくなった空と部屋に、また挨拶をしに行くその日まで待とう。

 

真実の闘い

記憶にないことへの質問は困る

彼女はそうこたえた

遠くにあるあの街へいってみる必要がありそうだ

どうやら全てはそこからしか生まれない

部屋を出ると、新しい風が吹いていた

よく晴れた日にもう一度はじめる必要がある

喫茶店にいる日曜だった

白いシャツの女の子を眺めることしかやることはなかった

カップを下げて、あたらしいお茶を入れてくれる腕が細くてとても綺麗だった

新宿から中野に歩き、喫茶店に入り、また新宿まで歩いた

今の街にこのままいるなら

週末は

この過ごし方を繰り返すしかない

つまらないしきたりはくたばれ

Rの館は、窮屈なしきたりに支配されていた

クリスマスに良いイメージはない

趣味の悪い装飾が並ぶだけだ

そのガレージは壁がぶち抜かれて、キャンプと呼ばれていた

寿司を作りながらのパーティなど開かれているらしい

キャンプに住み着いてもいい

世界は生まれ変わる

洞穴に隠れていても変化は訪れる

青空に柿の木があり、山がそびえている

これが一番

ぶり大根、里芋の煮っころがし、レンコンのきんぴらを作ってみた。

生姜を入れたスープも作ってみたが強烈。

日曜日と喫茶店のカレー

久しぶりに友人と待ち合わせ

歩こうということで、赤羽駅から歩きだす

十条、王子、田畑、上野、秋葉原

途中、歩道橋の隣ある喫茶店に。

将棋を指しながら食べたカツカレーが美味い

この辺りは、丘である

登りきったところに白い空が開けていた

最後に寄ったカフェでようやく将棋で勝つことができた

3回挑んでやっとであった

さすが寝る前に詰将棋を頭に描きながら布団に入る男は健在である

とにかく歩きたいそうだが

こちらは足が痛くなり、明日靴を変えて労ろうと思った秋の日であった

街も大事だが、人のパーソナリティも大事であると分かった1日であった

これからの生きる指針となりうるか?