読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤独はファンタジー

20代の頃、夜の窓を眺めながら、虚ろな気持ちで聞き流していた音楽が、気になりふっと口をつく。

裸で、草をむしる、孤独はファンタジー

今のままでいい

今のままでいい

棚を漁り、引っ張り出してみると

なんと、その曲にタイトルなどなかった。

そもそも、アルバムの20以上の曲すべてにタイトルがついていなかった。

歌っている男の名前だけが書いてあり

青空のなかに、笑顔でたっている男がいるだけであり、雲などなかった。

夜も夕暮れも昼も、その音楽はただ透き通っていた。

助手席の彼女には、お経にしか聞こえず、それはかつての自分とあまりかわらないが

いま、音楽は空気のように身体に入ってきた

いまのままでいい

裏声でギターを弾く、あこがれのアーティストの実家の二階で、録音されたのだと書いてある

僕を導いていたその音楽家は、彼のことを、草むらのなかで見つけたステキな昆虫だと

記している

天才がいたのだと

空気を吸うように

心をあらわしている

歌声は空に吸い込まれていく

天才で狂っている

突き抜けるような青さは、日常のどこにもいない

いまのままでいい

孤独はファンタジー