読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真実の闘い

記憶にないことへの質問は困る

彼女はそうこたえた

遠くにあるあの街へいってみる必要がありそうだ

どうやら全てはそこからしか生まれない

部屋を出ると、新しい風が吹いていた

よく晴れた日にもう一度はじめる必要がある

喫茶店にいる日曜だった

白いシャツの女の子を眺めることしかやることはなかった

カップを下げて、あたらしいお茶を入れてくれる腕が細くてとても綺麗だった

新宿から中野に歩き、喫茶店に入り、また新宿まで歩いた

今の街にこのままいるなら

週末は

この過ごし方を繰り返すしかない