読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2の日

車のナンバーで沢山2の数字をみた。

夢を実現させる男の話を思い出す。

彼は2の数字に囲まれた男だった。

気が付いたらそこで暮らしていた。

西へ旅立ち。

固有の空間の創造主になるために。

まだその空間は生まれていない。

未来の場所、未来の街にある。

さて私は何をなすことができるだろう。

数々の出会いを繰り返し通り抜け、日々思考と触れ、自らもまた細胞を生み、

死と再生を繰り返していく。

行動し続けるか、考え続けるか、感じることを続けるのか。

何を選び、何を捨て、彼の場所へたどり着く。

もう見えなくなった空と部屋に、また挨拶をしに行くその日まで待とう。