読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レッド グリーン パープル の影

記憶の中にある景色

子供の私の視界は絵から絵へと移る

時がたち、成人式も終えても、また強烈な視界が眼前に現れる

なぜそれらの要素がインプットされたのか

どんな意味があることなのか

皆目見当もつかないが

世界は美しく

完全なる自由な面持ちで私は生を謳歌していた

強いこだわりがそこで芽生えたのだ

新しい生命の誕生ともいえる

あの日に手に入れた一枚のCD

歌詞カードにはカラフルな像がおどっている

それを何気なく眺めながら

喜びに満ちた日常は続いた

自分個人のためだけにそれはそこに存在していた

 

しばらくはそこから隔離された意味のない時間が流れる

 

でもだれかがそれをイメージし、そこに描いたのだ

その事実にこそ救いがあるのかもしれない

確かな真実さえそこにあることが感じられたなら

わたしの人生には色鮮やかなカラーが与えられるのだ

私のわたしとの対話は続く

 

しばらく、列車に揺られ、気が向くままに進もうじゃないか

10代のころの懐かしい景色みたいな

身体に心地よい疲労を与える坂道の途中の視界みたいに

街を見下ろせるハイキングコースみたいな通学路がそこにあるかもしれない

宇宙から来た未来もきっとうなづくだろう