読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4月の嘘から目覚める時

窓を叩く音で目が覚めた

真っ暗闇で意識が朦朧としている

何寝てるの!

早くしたくしなさい!

 

 

深淵なる闇が奥まで広がっている

ん?夢、でも、とても可愛い女の子が目の前にいるし、制服を着ているので、

テンションが上がるところだと思うのだが、頭が痛い。睡眠がまだ必要のようだ。

 

入学式だっていうのに、パジャマで行くわけ?

 

入学式?!

 

まだ、1週間近く春休みだろうが!

てゆーか、どちら様?!

 

自分の立場っていうか、ポジションがまだ理解できてないみたいね

気の毒だけど、強制連行させていただきます!

連れてって!

 

視界がねじれた。

 

変な夢だったな。

 

違和感もなく、知らないみたこともない、場所にいることを今認識している

ここがどこかの教室だってことは分かる

 

振り返ると、見覚えのある顔

 

君は…

 

何?

 

いや、まだ夢が終わらないのか

でも、いやなんでもない。

 

君のこと知らないげど、とても、可愛いねとは、そんなことは口にするべきではないなと

 

それより、なんで、夜なの?

ここは、学校だよな?多分。

 

夜に学校に通学しちゃいけないって決まりでもあるの?

 

あるだろ?未成年なんだし。

 

未成年ってアンタ、いつの時代の話をしているの?バカなやつなら、そんな単語歴史の教科書に載ってたことも華麗にスルーしてるワードよ。

 

歴史の教科書?

 

あんた、サインしたんでしょ?

入部届けに。そうしたら、この活動のリーダーである私の言うことをききなさい!悪いようにはしないから!

 

 

サイン…サインか、確かにしたな。

 

そんな感覚は、ある。

 

と、同時にニュースで、ビルやら発電所やらが爆発した映像が脳裏に浮かんできた。

 

急に真面目というか深刻な表情を作った女の子は、ぶつぶつ呟いていた。

 

新入りがまさか、改変前の時代から紛れ込んで来たやつだなんて可能性は…