海辺

貝殻あつめ

なめらかに磨耗したソーダ色のガラス

砂浜

風が横から吹いている

海の記憶を

海辺で見上げた10月の空の記憶を

真っ暗な夜空に浮かべました

恋人のいない街は

なんども思い出す海辺のように

波に繰り返しおどらされる